保険・免責補償制度について

保険・免責補償制度について

保険について

当社の車両には下記の金額を限度として保険その他の制度による補償が付いています。

ただし保証制度の上限を超えたもの、保険約款の免責事項に該当する事故、貸渡約款に違反する事故

および警察の事故証明が取得できない場合の損害はすべてお客様のご負担となります。

補償内容補償額免責額
対人補償1名限度額無制限
(自動車損害賠償責任保険を含む)
なし
対物補償1事故限度額無制限50,000円
車両補償1事故限度額時価額50,000円
人身傷害1名限度額

死亡 3,000万円
後遺障害 3,000万円

なし

免責補償制度(CDW)

この制度にご加入されますと、万一事故の際にお客様の負担となる対物免責額と車両免責額の支払いが免除されます。 ただし、同一貸渡において複数事故が発生した場合、初回事故のみの適用となります。 貸渡手続き後の加入・解約はできませんので、貸渡時にお申し込みください。

加入料 1日24時間まで

1,100円(税込)

 

対物補償免責額/車両補償免責額
0円

※マイクロバスとキッチンカーは¥2,200(税込)になります。
※お申込は出発時に限らせていただきます。貸渡しの途中での加入・解約はできません。
※お申込期間は貸渡期間とさせていただきます。貸渡期間中の特定日のみの加入はできません。
※15日以上1か月以内の貸渡契約については15日分の加入料とし、補償は貸渡期間中とします。
※この制度は保険ではありません。
※シートベルトの着用を条件とします。
※自損事故の場合、車両免責額への補償は適用されません。
※21歳未満の方、免許取得後1年未満の方、過去に事故歴があり当社が不適当と認めた方は加入できません。

自損事故とは

車両対車両の事故ではない事故を、「自損事故」といいます。車両対車両の事故でも、相手車両が特定できない場合は、「自損事故」とみなします。

(例)
  1. 電柱やガードレールなどに衝突。
  2. 車の転落、転覆。
  3. 接触や追突されたが相手に逃げられた(当て逃げ)
  4. 車上荒らしによってガラスやドアなどが破損した。
その他お客様のご負担が発生するケース
(例)
  • 雪道や砂浜で埋まってレッカーを要請した場合
  • カギ紛失の場合 など

休業補償について(ノンオペレーションチャージ・NOC)

万一車両の利用中に、当社の責任によらない事故、盗難、故障、汚損、車内装備の損害、シートの焦げ跡などが発生し、 車両の修理・清掃が必要になった場合、その期間中の営業補償として下記金額をご負担頂きます。 (免責補償制度にご加入された場合も、ノンオペレーションチャージはご負担頂きます。)

自走して予定の営業店に返還された場合20,000円
自走不可能な場合50,000円

※自走不可能な場合のレッカー代もお客様のご負担となります。

 

免責補償制度未加入時の事故

補償内容自走不可能な場合自走して予定の営業店に返還された場合
対物補償(免責額)最大50,000円最大50,000円
車両補償(免責額)最大50,000円最大50,000円
休業補償(ノンオペレーションチャージ・NOC)50,000円20,000円
レッカ一代(現地作業代を含む)実費なし
お客様ご負担合計最大150,000円+レッカー代最大120,000円

免責補償制度加入時、車対象の事故

※相手が特定できない場合は自損事故となります

補償内容自走不可能な場合自走して予定の営業店に返還された場合
対物補償(免責額)0円0円
車両補償(免責額)0円0円
休業補償(ノンオペレーションチャージ・NOC)50,000円20,000円
レッカ一代(現地作業代を含む)実費なし
お客様ご負担合計 50,000円+レッカー代 20,000円

免責補償制度加入時、自損事故 ※単独事故、キズ・ヘコミ・破損含む

補償内容自走不可能な場合自走して予定の営業店に返還された場合
対物補償(免責額)0円0円
車両補償(免責額)最大50,000円最大50,000円
休業補償(ノンオペレーションチャージ・NOC)50,000円20,000円
レッカ一代(現地作業代を含む)実費なし
お客様ご負担合計 最大100,000円+レッカー代 最大70,000円

 

保険補償制度が適用できないケース

以下の場合は、保険補償制度が適用されない損害となり全額お客様のご負担となります。

事故時に警察および当社への連絡など所定の手続きがなかった場合

貸渡約款に違反している場合
  • 迷惑(違法)駐車に起因した損害
  • 飲酒および酒気帯び運転
  • 薬物使用
  • 無断延長
  • 契約書記載の運転者および副運転者以外の運転
  • 又貸し
  • 無免許運転(運転免許停止期間や運転できる自動車の種類に違反している場合も含む)
  • 無断で示談した場合
  • 各種テスト
  • 競技に使用し、または他車のけん引
  • 後押しに使用した場合
  • その他貸渡約款に定める免責事項に該当する事故など
当社が締結する損害保険の保険約款の免責事項に該当する場合
  • 故意による事故
  • パンクやタイヤの損傷
  • ホイールキャップの紛失
  • 破損 ・鍵の紛失
  • パンク応急修理キット代
  • お客様の所有、使用、管理する財物の損害など
  • オプション品(カーナビ、チャイルドシートなど)の損害など。
使用、管理上の落ち度があった場合

※以下の項目は、車両損害リスクが著しく高いため。 とりわけご注意下さい。 これらにより車両に損害を与えた場合は、保険約款上の故意とみなされ、免責事項(保険補償非適用)となります。

    • キーをつけたまま、または施錠しないで駐車し盗難にあった場合
    • 使用方法が劣悪なために生じた車体などの損傷や腐食の補修費
    • 車内装備の汚損
    • 装備品の紛失
    • タイヤチェーン、キャリアチャイルドシートの取付および装着不備による損害
    • 海岸、河川敷または林間など車道以外の走行による車両損害(維持・管理された道路以外での事故)
    • 給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費
    • クレーンや高所作業車などの有資格者以外の方の操作により生じた損害など

    ※相手不明の当て逃げ、車上荒らしによる損害、ガラスへの飛び石については、警察への届出が必要です。